忍者ブログ

侍ドラゴンファンキー! オフィシャルサイト(仮)

平成の変態家族・侍ドラゴンファンキー!のホームページが強制凍結されたので、取り急ぎこちらで情報を更新します!!

音源化されていない曲

永遠の侍(Last Samurai)
作詞・作曲~お母さんキャッツ

初ライブで演奏したらしい曲ですが、自分もあまり詳細をわかっていません。
特にふざけていない普通の曲らしいんですが、お母さんキャッツの手によって封印。



宮本和男(Gracie's Son)
作詞・作曲~お母さんキャッツ

お母さんキャッツの無二の親友である宮本氏の息子に贈った曲。
初ライブで演奏したらしいですが、お母さんキャッツの手によってこれまた封印。



よしこ(The Bitch)
作詞・作曲~お母さんキャッツ

お母さんキャッツの初期の代表曲で、お母さんキャッツとお姉さんキャッツの、
ことごとくの告白をも断り続けた女・よしこに対して、愛情が憎悪に変わり、
序盤の牧歌的なノリは後半のハードロックでかき消されてしまう、アホな曲。
お兄さんキャッツはこの曲を聴いて、侍ドラゴンファンキーへの加入を決めたとも言われている。
2回目のライブ以降コンスタントに演奏されているが、
いかんせん著作権に引っ掛かりまくっているが故に、音源化はできず。
だが、アルバム「音」には後半のハードロック部分が、
同じく著作権に引っかかって音源化できなかった「のりこ」に合併される形で完成された。
ライブではオリジナル・バージョンで演奏される事が多い。



FxxKIN' BUSHIDO(The March Of Samurai Dragon Funky)

作詞・作曲~お母さんキャッツ

その曲名を冠したイベント「FxxKIN' BUSHIDO 2012」で初披露したインスト曲。
下北沢ReGで行ったライブの際、たまたまSE用のCDをお母さんキャッツが忘れた事より、
XのWORLD ANTHEMで入場したノリが結構いい感じだったので、
それにインスパイヤを受ける感じで、お母さんキャッツが制作。
ドロップキック・マーフィーズを彷彿とさせるアイリッシュなグルーヴで、
いとこキャッツのメロウなギターと、妹キャッツのアコーディオン風なキーボードが◎。



深紅の薔薇(La Vie En Rose)
作詞・作曲~お母さんキャッツ

上記「FxxKIN' BUSHIDO」同様、「FxxKIN' BUSHIDO 2012」で初披露した曲。
「WORLD ANTHEMが流れたら当然次はBLUE BLOODっしょ」というノリで、
速攻カウントが始まるイメージでお母さんキャッツの手によって作られた、
ハードロックなのかよくわからないけど、結果かなりこの曲に近いです(笑)
恐らく侍ドラゴンファンキーで最も演奏時間が長い曲であり、
そのイントロとAメロの16分でお兄さんキャッツが右手が疲れるからやりたくないと漏らすも、
何気に結構支持を受けていたりする。
次のPVはこの曲を予定しており、お姉さんキャッツが十字架に磔になる予定。



マナブ(Rockin' Roll Is Dead)
作詞・作曲~お兄さんキャッツ

伝説のロックスターにして、カートコバーンの生まれ変わりとも言われている、
マナブへのリスペクトの気持ちからお兄さんキャッツが作った曲。
軽くレコーディングも済んでいたが、その矢先にあの逮捕劇があり、
お蔵入りになってしまった悲運の駄曲。



かおり(The Love)
作詞・作曲~お母さんキャッツ

いとこキャッツの入籍を機に、お母さんキャッツが捧げた曲。
初披露はライブでは満身創痍Vol.5 STONE COLD BREAKとなるが、
それより前に余興の一環として、いとこキャッツが要町駅で弾き語っている。
曲調はどこかで聞いたことがあるようなラブソングであり、
最終的にはお約束通り激しくなるというグルーヴ。



G(Anus Is Dead)
作詞・作曲~お兄さんキャッツ

お兄さんキャッツが自らの持病とのエピソードを端的に表現した曲。
職場の後輩の家で無理やりレコーディングを行い、
満身創痍Vol.5 STONE COLD BREAKで初披露。
曲調はマッド・カプセル・マーケッツのアルバムの2~3曲目にあるような、
よくあるありふれたわかりやすい曲。
途中から南国風のノリになりますが、そこは完全にあの曲のパクリです。



波乗りHAMASAKI(Never Ever)
作詞・作曲~お母さんキャッツ

満身創痍Vol.5 STONE COLD BREAKで初披露。
元々は「波乗りテルオ」という曲があり、「HAMASAKI」という曲があり、
それが合併して「波乗りHAMASAKI」になったというよくわからない曲。
今後、諸々変わっていく予定との事です。


関さん(Sex Kiss Son)
作詞・作曲~お兄さんキャッツ

音をぶちかましな祭Vol.7で初披露。
言うまでも無くGreen Roomのベースの関さんにフォーカスを当てた曲。
歌詞に関しては関さんの情報がそんな無かったので、ほぼ想像で書きました(笑)
曲はラウド⇒コア⇒スカという意味不明な構成です。




※その他、新曲も鋭意制作中!

PR

コメント

プロフィール

HN:
侍ドラゴンファンキー
性別:
非公開

コンテンツ

音

Facebook

YOUTUBE1

YOUTUBE2

お母さんキャッツ



MOON PRIDE





ブログ内検索

忍者カウンター