忍者ブログ

侍ドラゴンファンキー! オフィシャルサイト(仮)

平成の変態家族・侍ドラゴンファンキー!のホームページが強制凍結されたので、取り急ぎこちらで情報を更新します!!

お姉さんキャッツ

お姉さんキャッツはミュージシャン。
侍ドラゴンファンキーのボーカリスト、ダンサー、ラッパー、パフォーマー、紙芝居師、大道具・小道具係。


生い立ち

お父さんキャッツお母さんキャッツの長女(第一子)として生まれる。
お兄さんキャッツは弟で、妹キャッツは妹で、いとこキャッツとは従兄弟の間柄。
不倫キャッツとは血縁関係は無いが、同じ匂いを感じている。
生まれて最初に発した言葉は、「ロックンロール・イズ・デッド!」

第一子という事で溺愛された影響もあり、幼少期からわがままし放題で奔放に育ち、
あらゆるオスというオスにフェロモンを振りまいて、
気がつくと地元では有名なビッチになっていたが、本人は自分は真面目だと思っている。
とにかく三度の飯よりもSEXが大好きなベンジーが歌う「誰とでも寝るような女の子」で、
寝た男の数は100とも1,000とも言われている(要出典)。
山本モナ矢口真里沢尻エリカ、お姉さんキャッツの四人を総称して「四天王」とも呼ぶことも多い。
2012年4月に結婚し、2013年6月には第一子も誕生。


音楽への道
押尾学に影響を受けてボーカルを始める。
ボーカルスタイルは、「とにかく歌詞を覚えない」「キーを外す」「入りのタイミングを逃がす」などが挙げられる。
歌唱力に関しては、あまりまともに歌っているのを未だに見た事が無いので実際の所は判らない。

音をぶちかましな祭 vol.1では当時熱愛していたネイビーを追いかけてカリフォルニアまで行っていたので不参加し、
代わりに盟友とも言われるプレイガールキャッツが参戦した。
そして、音をぶちかましな祭 vol.4も喉を痛めていたので欠席し、
オーディエンスとして参加して男を漁っていた。

ダンスに関しては、SEXで鍛えただけあって腰使いが桁外れであり、
バニースーツでお尻をフリフリさせて踊るハッスルダンスでメンバーのHPを回復させる。

また、極度の練習嫌いとしても知られており、ライブ前最後の練習にならないと来ない。


エピソード

紙芝居
かつては漫画家を目指していたとかいないとかで、
画力が非常に高くライブ終盤で行う紙芝居の質は無駄に高い。
得意な絵はピッコロ大魔王。

漫画
漫画はかなり読んでいるみたいで、中でも「うしおととら」ではかなり泣いたとのこと。

PR

コメント

プロフィール

HN:
侍ドラゴンファンキー
性別:
非公開

コンテンツ

音

Facebook

YOUTUBE1

YOUTUBE2

お母さんキャッツ



MOON PRIDE





ブログ内検索

忍者カウンター